専門ライターになる方法3~情報発信は必須です

専門ライターは情報発信が命!

専門ライターになるために最初にやることは自分自身の棚卸です。illust2018

「誰のために何を伝えたいのか」が具体的になったところで、次にやるといいのが情報発信。

 

棚卸で見えてきた「誰のために」の「誰」=ターゲットに向けて役立つ情報を、ブログやホームページでどんどん発信していってください。

たとえば、「大人ニキビに悩む20代会社員女性」のお悩み解決情報を配信したいなら、その人が知って喜ぶ情報を記事にしましょう。

過去に自分自身がニキビで悩んでいたなら、「過去の自分」に向けて書くつもりで。

当時の自分なら、何を知りたかったのか、どんな情報があれば悩まずに済んだのか、前向きになれたのか、遠回りせずに済んだのかなどなど。読者が過去の自分なら、想像しやすいですよね。

業界に長くいて、想定読者の知りたいことが分からない……。という場合は、読者になりそうな人に直接聞いてみてください。

たとえば、「ホームページから集客したいけど、ネット関係に弱い個人事業主」に向けて記事を書くなら、そういう人に何が分からないか直接聞いてみる。

それが難しいなら、yahoo知恵袋、教えてgooなどの質問サイトでどんな質問が出ているのか調べてみる。知りたいことさえ出てくれば、それに答える記事を書けばいいから業界に長くいる人なら簡単ですよね。

質問内容が自分にも分からないことなら、とことん調べて誰よりも親切な記事を書く。答えをコピペしないで、自分の言葉で書く。

こうやって情報発信していくと、文章力が鍛えられて、あなたのファンも徐々に増えてきます。

「〇〇のライティングなら〇〇さん」と認識されるまで、専門分野の記事を書いて書いて書きまくりましょう!

この他にも、稼げるライターになるための情報はこちらのメルマガでお伝えしています。

「選ばれて稼げるライターになる方法」